160色色鉛筆を買ったので使ってみた

Amazonを見ていました。
そしたら160色色鉛筆がお手頃価格で売ってたんです。
押すしかないですよね。購入ボタン押しちゃいますよね。

「ロゴ作る時の手書きラフに色をつけるために買おう!」とか、自分に都合のいい理由をつけて買いました(^-^)

 

そんなわけで、今回は色鉛筆をテーマにブログを描くことにします!

 

 

届いたのがこちら!


おお!いいね!色がいっぱいあるね!ウキウキするね!
ラメ系まであるのが新しい!

何を試し描きしようかなぁと考え、とりあえず金魚でも描いてみることにします。

 

今回は、そのへんにあったクロッキー帳を使用。

マルマン株式会社のクロッキーパッドです。クリーム色のクロッキー紙なので、絵の仕上がりが優しい感じになります。

 

まずは、鉛筆で金魚の輪郭線を軽く書きます。下書きです。

 

絵を描く時には「下塗り」という作業があります。
下塗りをしておくことで、他の色を上から塗った時に下塗りした色と重なり、
わずかな発色の違いが出ることで色に深みが出るようにする方法です。

色鉛筆も同じような考え方だろうと思い、試してみることにします。
せっかく色がたくさんあるので、カラフルな金魚にしよう!

 

まず青色。

 

 

次に紫。

 

 

橙、黄色、黄緑を続けて塗ります。
このタイミングで、下書きの鉛筆線を消しました。

ひたすら塗り塗り、塗り塗り。

 

 

塗り塗り。

 

 

塗り塗り。

 

 

まだ塗り塗り。

 

 

・・・・・かんせーい!
(色を塗るのに夢中になってしまい、途中経過写真撮るの忘れました。)

使った色を数えてみると、
ひぃ、ふぅ、みぃ・・・・12色!思ったより少ない本数だなぁ。
もう少し本数使うかと思った。

 

よーく見ると、下塗りした部分は上から塗った色と重なって同じ色でも若干色に違いが出ているのが伝わりますか?

 

 

 

ところで、この絵にはおかしなところがあることに気づきました。

 

 

 

右手(?)が2つある・・・・!!!!

 

 

 

あらー、下書きの線を見間違って色を塗ってしまったんですね。
これも絵の味でしょう。うんうん。

 

普段仕事でデジタルばかりしていますが、やっぱりアナログも好きだなぁと思います。
アナログはやり直しができないことが多いけど、そこが面白いところです。

せっかく買ったので、ちゃんと仕事で活用しよ!
色鉛筆画を使用したWEBサイトを作るのも楽しそうですね。

————————————————————————–

【使用画材】
■マルマン株式会社 クロッキーパッド
クロッキーブック クロッキーパッド A4 S264

■160色色鉛筆
160色セット油性色鉛筆 FIVE STAR

関連記事