KOKUYO DESIGN AWARD 2018に応募する?しようよ!

夏だ、海だ、祭りだ、KOKUYO DESIGN AWARD 2018だ!

 

皆さんこんにちは。あまです!

イベントが多い時期なので1年の中で夏が一番好きなのですが、今年の暑さにはびっくりしています。

 

デザイナーの皆さんはこの夏チェックしているかもしれない?!「KOKUYO DESIGN AWARD 2018」の応募がスタートしましたね!

■KOKUYO DESIGN AWARD 2018 公式ホームページ

https://www.kokuyo.co.jp/award/

 

「KOKUYO DESIGN AWARD 2018」とは、使う人の視点で優れた商品デザインを広くユーザーから集めて、商品化をめざすコンペティションです。

文具系や家具・日用品など諸々が対象になっています。

 

実際に商品化された「カドケシ」などなど、応募作品はどれも新しい!

今年のテーマは「BEYOND BOUNDARIES」。

境界を越えるというふうな意味だと思うんですが、面白いテーマだなぁと思いました。

無意識に境界を引いてしまう時ってありますよね。

例えば「自分には無理」と自分の能力に境界を引いてしまう時とか。

これを読んでいるあなたの境界は何ですか?

 

このコンベンションは、きっとプロダクトデザイナーの人に向いているコンペだと思います。

でも、面白そうなので応募を考えてみました!

 

【STEP.1】

提出物としてはプレゼンーションシートが必要で、下記の内容を入れなければいけません。

・作品タイトル

・一般名称

・コンセプト

・使用シーン(3DCGや模型写真、イラスト等)

・寸法入り三面図

プレゼンテーションシートを作っていて、実際につまずいたのは「使用シーン」と「寸法入り三面図」・・・・。

3DCGや模型写真・イラストなどで入れられる「使用シーン」はまだなんとかなるかもしれませんが、「寸法入り三面図」が大問題。

「寸法入り三面図」をググることからはじめました。

あ・・・けっこうしっかりとした製図・・・。

作ろうとしていた案に曲線が入っているので、私の場合もう実物の何分の一かの模型を作って実測して図にするしか道はない気がします。

illustratorでポチポチ。

とりあえず横面から書いてみて、曲線部分を正面からの図に苦戦。

気が遠くなってきた・・・・。

 

【STEP.2】

その後、プレゼンテーションシートを途中まで作ってはみたものの、エントリー案自体境界を越えきれていないなと思い、現在再考しているところです。

応募ができなかったとしても、考えたことでちょっと成長したと思いたい。

Illustratorで図形に均一にアンカーポイントをつける操作を覚えたりとか・・・・!?

オリジナル商品作るのってほんと大変だなぁとか・・!?

過去の受賞作品を見て、デザインの面白さを感じたりとか・・・!?

果たして私は『【STEP.3】応募完了』までたどり着けるんでしょうか・・・?!

 

このコンペの面白いところがもう1つあって、応募は個人でなくてもOKです。

企業、団体・グループでも応募が可能なんです!

複数で参加してみるのも楽しそうですね!

 

応募期間は8/31まで!

まだ期間があるので応募を検討してみてください。

このブログを見た人が応募してくれれば、今回四苦八苦したのが何かに繋がった気がします。

境界を越えていこう!

関連記事