SUNAO-素直-

自分の思いとは裏腹に、評価されている。


「わたし、そんなにできてません。あれもああだし、これもこうだし…」

 

そう言うと、ネガティブに考える私の悪い癖だと、そう言われた。

 

入社した頃は、何をしていたかあんまり覚えていない。

必死だった。と言いたいところだが

私には頼もしい先輩たちがついていて

相談できる場所があった。甘えられる人がいた。

一人では何もできない。

それが、入社した頃の私だ。

 

 

 

ウェブ業界に飛び込んだ私


毎日の業務が

初めてなものばかりだった。

社内で飛び交う言葉が分からない。

先輩たちが今なにをやっているのかも分からない。

 

入社してからしばらく経って、私はアシスタントディレクターとして

社長と外に出ることが多くなった。

社長がクライアントに話していることも、全ては理解できなかった。

その内、一人でも大丈夫だよと一人でクライアントのところへ

行かされることもあった。

 

そう、「行かされる」

そう思っていた自分もいた。

なんで一緒に行ってくれないの?

できるわけないじゃん。

 

そんな、どうにも甘えた困ったさんだったのだ。

(今こんな社員が入ってきたらぶちまわします)

 

これが、入社して1年ほど経った時の私だ。

 

 

 

アシスタントディレクターからディレクターに


いろんなことが変わっていた。

自分も変わったし、環境も変わった。

あの頃甘えていた先輩たちの中で残っているのは、二人だけだった。

 

今までのようには、もちろんいかない。

しっかりしなければ、人よりも もっと もっと もっと

頭でっかちで、動かしにくい人間になっていた。

中身の詰まっていない、まやかしのプライドでどんどん意固地になっていた。

 

そのおかげで大きな失敗もした。

真剣に考えている人たちの前で、うわべだけのプレゼンをして

叱咤されたこともあった。

悔しくて泣きながら会社に戻ったが、きっと悔しかったのは

真剣に考えていることを理解してもらえなかった人たちの方だ。

 

周りは見えず、気づけば社内の雰囲気が悪くなることも多くなっていた。

プライドと意地が邪魔をして、自分の思いをスタッフにうまく伝えられない。

それを、分かってくれないと、人のせいにしていた。

私が甘えていた先輩は、一人になっていた。

 

完全スタンドプレーだ。

 

 

 

そんな私が、今度はマネージャー


与えられたというよりも、自分で飛び込んだという方が正しい。

でもその任務は、思い描いていた方法ではとてもじゃないけれど

やりきれるものではなかった。

 

ここまで読んでくれた方は、こんなヤツが役職になったら

大変だろうと呆れていることだろう。

 

心中、お察ししますよ。とてもね。

私もそう思います。

 

とにかく考えた。

考えて考えて、行き着いた先は「素直」

その一言だった。

そんな言葉、子供の頃から知っている。

だけど、それが私には無かった。

全く正反対のことばかりをしてきた。

変わるのは、簡単じゃなかった。だってさんざん意地を張ってきたんだから。

 

でも、いつか変わらなければいけないのだったら、今変わってしまおう。

だって、歳を取ればとるほど変われなくなるって聞くし。笑

 

邪魔なプライドは捨てて、持つべきプライドのみを軽く肩に抱えて

意固地な自分は断捨離、「素直」という武器を手に持ってみた。

 

その武器はまるで

全スタッフに均等にダメージを与えるグリンガムのムチ… ではなく

振れば振るほど相手を刺激し、代わりに素直な意見やアイデアなどをもらえる

いわばスーパーきせきのつるぎ、のようなものだった。

 

 

 

こんな良いもの、なんで今まで使わなかったんだろう。


だんだん分かってきた。

私は入社当時と変わらず、一人ではなにもできない。

それぞれ個性や役割を持っているメンバーがいて

お互いを刺激しながらともに少しずつ成長していて

 

そうやって、Time&Air Partnersを創っているんだ。

 

そうか。

なら、そんなメンバーがずっと前をみて進んでいける

そんな会社の基盤を作っていかなければ。

というよりも、作っていきたい。

それが今の私にできることだ。

現場に近いぶん、社長の目に届かないものをメンバーから吸い上げることができる。

 

そんな話を私が持っていった時には、社長。

耳を傾けてくださいね。

 

…いつも聞いてもらってますが。

 

 

気付いたら、先輩がほとんどいない、なんてことが無いように。

 

 

 

もしかしたら、私が入社してこなければあの先輩は今もここにいたのかも。

なんてことを言い出すと、またネガティブな悪い癖だと叱られるのだ。

 

 

「素直」とは、考え・態度・動作がまっすぐなこと。

 

その通り。

他にはなにも無い。

逸れることもある。

でも、戻る場所はここだと旗を立てることにしたので、それを目印に戻る。

 

…。

 

私に憑いていた(笑)困ったさんは

今のところ、どこかへ出掛けておりますようなので

戻る頃には目立たないよう、一瞬旗を下ろして見つからないように息を潜めておきます。

 

さあ、そんなTime&Air Partnersから

フロントエンドエンジニアを主とした求人が出ますよ。

 

出た際には、またSNSでお知らせします。

このイメージを目印に、探してみてくださいね。

=編集後期=

次回は
「名のないコンテンツ Vol.1」

第1回目のゲストは、
FUN OF FUN
児玉玲子代表です。

取材1日目のオフショットをどぞ。
いや、なぜこれを出したかというと、
児玉代表みずから自撮り棒付きのカメラ持参だった事や
さんざん「Canon」だと紹介していたカメラがまさかの「Nikon」だった事。
さらには広角レンズだったのが面白すぎたのと、とにかく撮ってる児玉代表が

めちゃめちゃ楽しそうだったので!

関連記事

engage